無料
エロ
動画

亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!

利用規約

このブログを通報

Report Abuse

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

6月の大名旅行報告(上)

2013-06-28 Fri 13:29:05

今回の大名旅行は、帝王氏、バーナム氏が全部参加、ARI氏が前半のみ、そして牛丼太郎氏が後半のみの参加となりました。
一日目
ハノイ空港にバーナム氏、帝王氏、ARI氏の順に到着。とりあえずハノイ市内に入って「北朝鮮レストラン」にて喜び組ウエイトレス眺めながら昼食。
昼食後は岬に直行。軽く休んだ後、おなじみ海鮮宴会ディナー。
食後は静香前定位置にておのおの方好みの子ゲット。帝王氏は背が高い子
バーナム氏は背が低い子が好みで、ARI氏はなじみの子が要るので、誰も好みが被らないので好都合。バーナム氏は他の店も回る積極的な釣方で魚影が普段よりも薄いものの、好みの子をゲット。
二日目
朝からビンビンの帝王氏、朝8時に二軒目の店に入って、非常に激しい子に当たってしまい、朝一でまさかの暴発!
海鮮昼食後は昼休みで、夕方より定位置へ。夕食前の腹ごなしの後、軽い目の海鮮夕食、海鮮飽きてきたので明日は中華行きましょう。
夜はバーナム氏は静香方面、帝王氏はマッタリ方面攻めて、2階のテラスで浜風に吹かれながら、階下を通りすぎる女の子ゲットできるマッタリがすっかり気に入った帝王氏、明日からここに泊り込み宣言!気合が違うぜ帝王氏!
三日目
ハイフォン名物バインダー朝食後、帝王氏とバーナム氏を連れてマッタリへ。両氏とも各々好みの子みつけて昼までマッタリと。帝王氏はマッタリ旅館二泊宣言で旅館の主人もニコニコ。
昼はいつもの中華レストランに全員集合で、サラダ、チャーハン、春巻き、牛肉旨煮、スープ、酢豚、スペアリブのから揚げなどの中華宴会。昼間からビールも弾み大満足。
夕食後はレストラン敷設のマッサージで疲れとってから、市内スーパーにて物資補給後岬へ戻りました。
夕方一休み後、あまり腹も減っていないので、海鮮焼きそばなど軽く取ってから定位置へ。帝王氏はもちろんマッタリへ篭ったきりです。
四日目
今朝も静香組みはハイフォン名物バインダー朝食後、マッタリで修行しまくりの帝王氏をタクシーにキャッチするとハイフォン市内へ。ハイフォン市内にもう一軒ある「問答無用の本場広東大衆食堂」にて、広州式チャーハン、海苔スープ、豆腐の旨煮、茄子の土鍋、海老のニンニク蒸しで昼食。昼食後は足マッサーしてから岬へ帰還。
岬へ戻ってみると異変発生!ただでさえ普段より少ない女の子が、更に激減。静香にて聞いた所では今夜公安チェックが有るらしい。
岬から離れた病院前お好み食堂にて夕食後、静香方面に戻るも、ごくまれにバイクでデリが有る以外は女っ気無し異変を聞いた帝王氏も静香まで付いてきたが、こりゃダメだとマッタリへ直帰。この晩マッタリも激減で帝王氏ややけ酒。
五日目
朝から情報集めに回るが、ぜんぜんダメ。今日は週末なのに閉店する店まで出る始末。
やや欲求不満気味で軽い昼食後、猛暑のハノイへ。
夕方ハノイにて、牛丼太郎氏合流後、やや高級焼肉夕食後、ARI氏の見送り受けてハノイ駅へ。今夜はラオカイ行き一等寝台車泊。
明日からは気合入れて河口人肉市場だ!

タイビン省海水浴場調査報告

2013-05-10 Fri 11:15:22

前回の予告通り、何も無いのを確信の上、バイク飛ばしてタイビン省の海水浴場を絨毯爆撃。

タイビン省はハイフォンとナムディンの間に有り、ベトナム地図出版社発行の「ベトナム遊歴地図」によると、コンデン、コンヴァイン、ドンチャウの3か所に海水浴場マーク。

一発目 コンデン

ここは地図によると河口の島にあるビーチ。
バイク飛ばして顔を砂埃だらけにして行ってみると…


見事に干拓されてました!

気を取り治して 二発目 コンヴァイン


満潮になれば物理的には海水浴できそうだが、これを海水浴場とは言わんでしょ?ベトナム地図出版社編集部殿!

全く期待せず 三発目 ドンチャウ
上述コンヴァインの直ぐ近くなので全く期待せずに行く。


つわものどもが夢のあと 合掌!
シーズンになれば左手の掘っ立て小屋で海鮮食べられるらしい。
3か所の中では一番まとも。ビーチ北には労働組合の保養所有り。但しエロ係数ゼロ!

以上タイビン省の海岸報告終わり!

おまけ ナムディン省クワットラム海岸
このままでは、3回給油してガソリン代19万ドンがもったいないので、夕方ナムディンに進路変更。
タイビンの海岸から走ること2時間弱、ここに来るのは去年の12月以来。
前回はひっそりしていましたが、今回行ってみると、海開きに向けて改装中の浜茶屋も数軒あって、準備モード。テト以降女の子も増えたようで、推定80人弱。海岸沿いをバイクで往復すること6回、大体のアウトラインをつかみ、数軒冷かしてみることに。
ここは各浜茶屋所属の子を他の浜茶屋と「横持ち」デリのシステムなので、一軒の浜茶屋でチェンジすると、次の子来るまでに時間がかかり非効率なので、逆転の発想で客が店をチェンジ!
一軒目 仲良し姉妹
仲良し姉妹の在籍する浜茶屋に入って「姉妹丼」リクエストするも「一人ずつじゃないとダメ」と言われ、先ずは姉の方を試食。
結論 正常位オンリーっ子でバックフィニッシュ派の陳さんは大不満。発射せずに部屋を出て「次は妹」、ところが他店にデリされてしまいました。こっちも仕方なく他店へ移動。
二軒目 ビジュアルイモロリ?
ベトナム人が4人ドカドカ入った店で、一人背が低く、イモ童顔、べチャパイの子が売れ残り。イモ童顔っ子の年齢確認してから陳さんが義侠心出して、お部屋へ。全くの子供体形なのに、アソコは不動明王の背中の炎みたいな剛毛納得の19歳。一応フェラ有り。
三軒目 愛想いい子はスカ?
愛想よく手招きする子に誘われて、その店へ。
ところが部屋に入ると無愛想モードに急変。キスもフェラも体触るのもNG。笑ってしまう位の大外れ!
こんな感じでした。
ベトナム人に不人気の「ビジュアルイモロリ」系の子を5,6人確認しましたが、読者の方が彼女たちを選んで、脱がせてみたら不動明王の剛毛ボーボーで萎えてしまっても当局は一切関知しません!あしからず!


陳さんのメコンデルタ漫遊

2013-04-29 Mon 10:52:56

今回は女性一人を含む客人2人を連れての「マジ旅行」でベトナムメコンデルタを漫遊したのですが、「現地風俗調査隊」隊員である陳さんは、そっちの方も調査してきました。

報告その1 ハティン
メコンデルタ最果ての地、カンボジアと接する港町ハティンは、景色は良いが飯がマズイ。女もマズイ。
女を置いてるのは、ハティンの開祖マックーさんの銅像裏、屋号が数字のニャギーが数軒並んでて、そこが、この町唯一の本番店。


この銅像が目印。


裏手の道。


ここ右側がソコ!

3軒ばかり並んでる内の一軒に入ってみると、わーデブ専!これで言い値30万ドン、20万に落ちそうな気配だったが、隣へ移動。そこも太いオバサン。「他に居ないのか?」と問えば、先ほどのデブ3人を隣から呼んで来る始末。勿論遊ばず。
結論 飯がマズイ所に良い女無し。

報告その2 フーコック島 ユンドン
我々はハティンから高速船でフーコック島に渡り、マリンスポーツと新鮮な海鮮を楽しみ、夜は単独で島最大の町ユンドン(最大といっても中心部はせいぜい200m四方)の風俗を調査。
結果
4月30日通り右側に新しいピンクマッサーが一軒オープン。後は旧空港前の道を山側に進んで2つめ交差点越えた左側にピンクマッサー2軒、その手前1つ目交差点に美女床屋(但し美女は居ない)、そのちょっと手前に全然流行ってないマッサー一軒。
そして空港海側、滑走路先端と垂直にくっ付いてる道沿い左側におさわりカラオケ一軒、その隣はカラオケと係り結びの安宿。
以上フーコック島の風俗調査終わり。

読者の方から「フーコック島に日本のソープみたいなのが有るとネットで見たんですが、どこですか?」と質問頂いた事ありますが、残念ながらお下劣観光汚染が進んでいない、この島にはピンクマッサー3軒しかありません。
結論
フーコック島は「弁当持ち」で行く所。

報告その3 超マイナー国境
毎度おなじみ、おそらく何も無い国境に「河口みたいな人肉市場」が有るかもと、おそらく0.001%以下の確率に賭けて陳さんは行く。そこに国境が有る限り!

アンザン省ティンビン国境(一応外国人にも開放)
ハティンからバスを乗り継ぎ、最後はバイクタクシーにまたがって、やってきましたティンビン国境。かつてのスワイパーの子の大半がアンザン省からやってきてたので、アンザン省のカンボジア国境に何か有るかと見てみると…


トラックは多いんだけどねー


国境市場??


このションベンみたいな川が国境!

結論 何もありません!

次回は北部のエロビーチを求めて、おそらく何も無い海岸を彷徨う予定。小牛産んでも殺されるだけなのに、それでも子供作ってしまうドナドナの親牛状態の陳さんです。

テト前後のパトロール

2013-02-26 Tue 19:34:24

今年のテト(旧正月)は2月10日でした。そのテトを挟んだ陳さんパトロール記。

テト前岬
 テトまであと2週間を切り。街は歳末の慌しい空気いっぱい。岬は客いっぱい女の子もいっぱいで大繁盛満員札止め状態で、静香も駐車スペースと空き部屋無くなってしまい、客を追い返す状態でした。
 ここで陳さんの宿題は前回牛ドン太郎氏にアナル犯された子、その後良くなったなのかのお見舞い。早速件のアナルっ子呼んでもらい「良くなったの?」って聞くと「良くなった」との返事なので、早速お部屋で観察。
お互いシャワー浴び、おなじみ激フェラで立たされ、オーソドックスに正常位から初め、バックにもっていき、完治してるのをしかと見届け、この日のために特別に持参したローション手に取る、とその時、待ったがかかった!彼女曰く「ゴム付きでアナルは痛いから、アナルするなら生で!」の緊急動議発動。アナルは生の方が痛くないのか、陳さん未体験ゆえ判りませんが(どなたか体験談求む)、清潔第一主義の陳さんは、生身で裏庭には手をつけずオーソドックスに前でフィッシュ!
その後マッタリに移動するが、ここは女の子の入れ替わり激しい故、前回のように掘り出し物無し。

テト前友誼関裏国境
 陳さん中国に遠征した帰りに、友誼関裏国境の人肉市場をパトロール。
 店は10軒以上開いているが、いかんせん女の子少なく、店先に出てるの12人、夜になれば増えるかと、夕食後ホテルで仮眠し11時に再出撃し、全店を絨毯爆撃するものの、女の子は全部で18人、1店舗平均1.5人なり。
 手ぶらで帰るのも何なので、最後の一軒目で一人選び、50元で話つけて2階のプレイルームへ。ハザン省出身のNちゃん、厚着してたのか、脱がしてみると、まさかのロリ体形、ひょっとして未成年ではと心配して年聞いてみると「何言ってんのよ!背が低いのが嫌なの?私こう見えても22よ!」で安心してファイトー!一ぱーつ!

テト後岬
 テトが空けて一週間目、暦の読み始め姫初めをかし(井原西鶴)という訳で岬へ初詣。
 静香前に行って見ると予想以上の客の入りで、専用駐車場は、ほぼ満車。新年早々儲かってまんな!と静香おばさんに挨拶して、定位置についたものの、すぐに大問題が発覚!客は大入りなのに肝心要の女の子が少なすぎ、普段の2,3割といった所。しかもエース級はおろか一軍も全く居らず、二軍三軍だけ、普段ならチェンジされまくりのはずの三軍クラスの子でも、呼ばれて一旦中に入ってしまうと、中で複数の客花びら回転らしく、1時間たっても出てきません。
 やはりテト開け2週間目、旧年がっぽり稼いだエース級の子はのんびり3月になってから職場復帰のようです。

冬の大名旅行

2013-01-03 Thu 11:33:48

無茶苦茶寒くなる冬でも寒さを恐れず大名旅行を決行するのが我々の使命である。これは、そんな熱い心の男たちの不屈の精神の物語である。

1日目
今回の参加者牛ドン太郎氏とARI氏、岬に軽く下見に行ってきて、寒い中ハノイに帰還。夜エロ床屋の並びにある大衆焼肉屋でスタミナ補給した我々は小雨降る厳寒のハノイを、事も有ろうにバイクでパトロール。しかもハノイを出て隣のバックニン省まで遠征。間違いなく風邪引くので、良い子のみんなは真似しないように!
せっかくバックニン省まで行ったのに、肝心のカラ置屋や本番マッサー屋が並ぶ道は公安が手入れ中!ガビーン!
しからばと国道沿いのピンクマッサー絨毯爆撃してみるものの、お留守!居てもブスばっか!帰りにハノイのエロカフェ街覗いて見るも、貸家の札が並んでて、ここも壊滅した模様。こんな日も有ります。明日は朝早いんで、もう寝ましょう!

2日目
長距離バスに揺られ、やっと着きました中越国境の町モンカイ。ここまでの道は蚊取り線香みたいにぐるぐる巻きの山道。毎回必ず大事故を目撃。今回も崖から落ちてトラックぺっちゃんこ!
モンカイのベトナム出国はレベル低い民兵が荷物ひっくり返したりするんで我々には鬼門なんですが、今回は「低レベルには低レベルを以って制す作戦」で、レベル低い民兵にパスポート見せながらにやにやして「アジノモトー」と先制攻撃の挨拶すると、向こうも笑いながら「アジノモトー」でノーチェック!使えるぜ!この作戦!

日中関係が難しい時節柄、中国入国も少々心配したものの、日本の事が知りたくて仕方ない若い公安に関係ない事を色々聞かれた(日本でも椎茸食べるのか?とか)以外は特記することも無くスンナリ中国入国。ちなみに牛ドン太郎氏はこれが中国初体験。

電動カートタクシーで去年アオキプロ氏と泊まった値段の割りに豪華なホテルに向かいチェックイン。ARI氏から「せっかく中国来たんだから本場の餃子食べたい」と緊急動議有って、ホテルのレセプションに聞いたらホテルの並びに四川料理屋が有って、そこに行けば有ると言うので、空腹三羽ガラスは四川料理屋へ直行!
いざ注文の段になって餃子売り切れ!仕方ないので料理数品とチャーハン取って、水みたいに薄い中国ビールで乾杯!
夕食後、マジ按摩を探すが、地上げされたみたいで消滅。ARI氏はお疲れモードで先にホテルへ戻り、陳さんと牛ドン太郎氏の若手2人組がエロエロパトロール。
先ずは旧バスターミナル裏のエロ床屋(散髪プラス1発で4発屋)、去年より寂れたものの3軒確認。その後ベトナム人立ちんぼが居るとか居ないとか言われる国境の川沿いをパトロール。それらしい女が居ないので、川沿いの串焼き屋台で小休止。寒い風に吹かれながら中国ビールを2人でちびちびやってると、バイク4ケツで、そっちの商売風のベトナムの子がやって来て、屋台に座ったかと思うと、また数人がバイクでどこかに出かける。我々が「????」と思ってると、ママさんらしき中国女が「南蛮子(ベトナム女の事。よく考えたらひどい蔑称だ)と遊ばない?」と営業してくる。「あとでね」と答えると「24時間OKよ」と電話番号渡される。
ビール2本空けたところで、4発屋潜入しましょうとなり、お勘定!
と言うとさっきのママさんが飛んで来る。ってことは串焼き屋は世を忍ぶ仮の姿で、ここの本業は「串置き屋??」。
初めての中国小姐で失敗は許されませぬぞ牛ドン太郎殿と、じっくり選び、明るそうな子に決定!フェラ無し100元、Fあり120元とオババが言うのでF無しコースで100元払ってお部屋へGO!このあたりの細かい料金設定や先払いシステムが商売上手の中国人らしいですな。
30分後、牛ドン太郎が満足そうな顔で出てきて今日のミッション終了。

3日目
朝早い陳さんは早起きしてブタマン齧りながら国境の川の捕り物を見物。ベトナム密航船が中国側に着くと、寝起きジャージ姿のままの中国公安が鉄パイプ振り回しながら追い払う。密航船は一旦ベトナム領に戻ると、舳先を北側に向けると北側に突っ込む。ジャージの公安猛ダッシュでそっちへ。密航船今度は南側だ!こういうのを「いたちごっこ」と言うんですね!

国境の川に浮かぶボロ船は全部密輸&密航船。向こう岸の建物はベトナム密輸基地!

楽しい散歩終え、ホテルで合流後3人で本場蘭州手延べラーメン朝食後、我々は天津甘栗買ったり、牛ドン太郎氏スーパーで中国土産のウーロン茶大量買い。その後チェックアウトの12時までは3人で再度国境の川見物。牛ドン太郎氏は「牛山紀信」となって密輸船で溢れかえる国境の川を激写。
チェックアウト後、昨夜たまたま見つけた按摩屋に行ってみるが、値段が高いだけで、全然大した事なし。我々按摩にうるさい男を見くびっちゃいけませんぜ!
川沿いでみつけた本場ハルビン餃子館で中国最後の食事取って、大雨の中ベトナムに戻るのであった。
ベトナム入国の際の民兵チェックも昨日と同じく「低レベル作戦」で笑ってかわし、バスターミナルでハイフォン行き豪華バスに乗ると夜にはハイフォン着。帰りの山道でもやっぱり事故目撃。
ハイフォンに着いたものの、もうバスは終わってたので素直にタクシーで岬へ。
いつもの海鮮屋に横付けしたものの、もう店じまい。ドアをガンガン叩くと店の兄いちゃんが起きてきて、我々で貸切夕食。海鮮夕食の後ホテルにチェックインして、3人で静香に向かおうとした、そのとき我々に3人の女の子がニアミス。ここで牛ドン太郎氏から聞き捨てならない話が!「陳さん!あの真ん中の子ってアナルOKなんですよ!」。陳さんスクランブルかけてアナルっ子捕まえに行くが、どこかの店に入ってしまい遅かりし由良の介。まあ静香で網張ってれば来るだろうと3人で定位置へ。
12時過ぎまでビール片手に定位置で網張り、牛ドン太郎氏も気に入った子ゲットしてお部屋へGO!陳さん疲れたので先にホテルへ戻り、着替えようとしまさにたその時、牛ドン太郎氏から「静香前方にアナルっ子確認」との電話連絡。陳さん慌てて静香に飛んでいくが再び逃がす。陳さん疲れたんでホンマに寝ます宣言しようとしたら、バイクに乗ってやって来た!アナルっ子!もしこれが本当なら37歳以来久々のアナルだ!
さっそく部屋に連れて行って調査開始。この子ブスだけどフェラが上手い!でもフェラは前菜、ここで焦ってはいけません。肝心のアナルは如何に?っとバックの体制取らせると裏庭には真紅のバラの花が満開!これは牛ドン太郎氏のが大きすぎたのでしょう。かわいそうなのでバラの花には手をつけず。まあアナルっ子が居たことは確認できたので良しとしましょう。

4日目
ハノイに戻り、牛ドン太郎氏は旧市街で男らしくみやげ物大量買い。牛ドン太郎氏は明日朝一で帰国されます。お仕事お忙しいそうですが、次回是非またお越し下さい!待ってます!

close